[映画] 『オオカミ少年』8日34万観客動員!歴代修能日最高記録

ソン・ジュンギ、パク・ボヨン主演の映画『オオカミ少年(原題)』が歴代の修学能力試験(日本の大学入試センター試験に相当・以下修能)での最高観客動員数を記録した。

映画振興委員会映画館入場券総合コンピューターネットワークによると『オオカミ少年』は修能日の8日一日で34万名の観客を動員した。修能予備召集日の7日には29万2,354名の観客を集めた。

受験生を除外した学生たちは予備召集日には早く下校し、修能当日には登校しない。この為に学生たちが大挙劇場街に集まった。11月は伝統的な劇場街オフシーズンであるが『オオカミ少年』は修能特需をそのまま受けた。

『オオカミ少年』のこのような『修能特需』は2000年代以降、修能試験前後に公開された他の映画と比較しても驚くべき成績だ。『オオカミ少年』を除外し、修能日に一番多い観客を集めた映画は2009年『2012』。当日だけで30万4,862名(2009年11月12日)を集めた。しかし『2012』は修能当日に封切られ、莫大な制作費をかけたハリウッドブロックバスター映画だ。なので封切2週目に入った『オオカミ少年』の記録は更に意味がある。

次いで2008年『アンティーク 西洋骨董洋菓子店』が修能日に封切られ12万2,963名(2008年11月13日)を動員し、2011年には『ワンドゥキ(原題)』が公開4週目にも口コミを力に修能当日11万1,371名(2011年11月10日)を集めた。

また2005年『グァンシクの弟グァンテ(原題)』が10万4,745名(2005年11月23日)を、2010年『超能力者』が10万4,478名(2010年11月18日)を集め、10万名以上の成績を記録した。これ以外には10万名以上の観客動員作品はない。

これについてCJエンターテイメント側は「『オオカミ少年』の感性が特に10代に訴えかけ、最高の人気を謳歌しているソン・ジュンギとパク・ボヨンが出演し、修能日に更に人気を得たようだ」「そこまでは予想できなかった興行成績に驚き、感謝するのみだ」とコメントした。

『オオカミ少年』は10月31日に封切られ、封切9日間で200万観客数を突破した。8日までの累積観客数は227万191名だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 09日 18:40