[ドラマ] 『ドラマの帝王』カメオ出演のパク・シネ 「私のアドリブどこ行った~」

「私のアドリブどこ行った~」SBS月火ドラマ『ドラマの帝王(原題)』(脚本チャン・ハンジュン、イ・ジヒョ、演出ホン・ソンチャン)にカメオ出演したパク・シネが感想を伝えた。

パク・シネは5日『ドラマの帝王』初放送が終わった直後、Twitterに「私のアドリブ全部どこ行ったのかな…?監督全部使うって言ったのに。放送時間のせい?あははは~!『ドラマの帝王』頑張って!」とコメントを掲載した。撮影分に対して放送分が短いことに残念な気持ちを表したと見られる。

パク・シネはこの日の放送でアンソニー・キム(キム・ミョンミン)が制作するドラマ『優雅な復讐』の女優として特別出演した。劇中パク・シネは男性主人公の胸で亡くなる悲劇的なシーンを撮影中だった。しかし生放送撮影で行われたせいで男性主人公がパク・シネを抱きしめたままうっかり居眠りをしてよだれまで垂らした。これにパク・シネは「白玉のような肌によだれ?監督、私出来ません」と驚き、ちょっとした笑えるシーンを演出し笑いをプレゼントした。

パク・シネはホン・ソンチャン監督の2009年演出作『美男<イケメン>ですね』に出演した縁でカメオ出演を決心した。この日の放送ではパク・シネ意外にも中年俳優パク・グニョンがドラマ制作会社会長としてサプライズ出演し、人目を引いた。

写真出所=SBS


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 06日 18:29