[K-POP] U-KISS 南米で通用した! ペルーで7,000人動員した単独公演成功

男性グループU-KISS(ユーキス)が南米プロジェクトの第一歩を成功的に踏み出した。

U-KISSは現地時間で1日午後ペルーに位置するエスタディオモニュメンタルスタジアムで開かれた単独コンサートを成功裏に終えた。7,000余りの客席をぎっしり埋めたペルーのファンたちの規模と熱気は予想以上に情熱的で熱かった。

2泊3日のスケジュールでペルーを訪問したU-KISSはペルー現地最大放送局であるアメリカンチャンネルで、U-KISS特集生放送トークショープログラムを緊急編成するなど現地メディアも熱い関心を見せた。コンサート後ペルー現地プロモーター及び放送関係者たちから数多くのイベントラブコールが後を絶たないなどU-KISSに対する現地メディア及び関係者たちの熱い反応を見せている。

南米ペルーで以前JYJコンサートが行われたことがあり、韓国アーティストとしてはU-KISSが2番目だ。7,000席を完売させ、U-KISSのグローバルパワーを再度確認させた今回のペルーコンサートを通じて、南米地域で初の単独コンサートの成功的な第一歩を踏み出した。

U-KISSの南米征伐はコロンビアを訪問し始まった。5月コロンビアで開かれたロックフェスティバルにアジア歌手として初めてステージで5万余りの観衆を熱狂させたU-KISSは、その後南米市場の重要性を認め南米進出のため、着実に準備してきた。

U-KISS所属事務所NHメディア側は4日enewsに「南米市場を単発性イシューとして考えておらず、ペルーを始めとしてブラジル、メキシコ、チリ、コロンビアでプロモーションスケジュールを協議中であり、来年下半期韓国歌手初として南米5ヵ国ツアーを計画している」と明らかにした。

U-KISSはコンサート翌日の2日、ペルーで2,000席規模のファンミーティングを最後に韓国に帰国、12月発売予定の日本シングルプロモーション活動の準備に入る。

写真提供=NHメディア


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 05日 18:43