[K-POP] [SUPER STAR K 4] DICKPUNKSがスーパーセーブの理由を自ら証明!

先週、審査委員達の“スーパーセーブ”で起死回生したDICKPUNKSが、自らの実力を証明した。



2日(金)夜11時に行われたMnet Korea『SUPER STAR K 4』の第4ラウンドでDICKPUNKSは、4Minuteの『Muzik』を自分達のスタイルに再編曲して完璧なステージを見せた。

ロックバンドの彼らがガールズグループのダンスミュージックを選択すると、放送前から視聴者達の関心が集まった。

『SUPER STAR K 4』のクォン・テウン音楽監督は、「DICKPUNKSはバンドの華であるギターの代わりにピアノを使用した、彼らならではの差別化したサウンドを作る事が強みだ。彼らの編曲で、どんな歌でもDICKPUNKSだけのスタイルで再誕生させる事がこのチームの一番の長所だ」と評価した。

第4ラウンドでDICKPUNKSが見せた“Muzik”についてイ・スンチョル審査委員は、「DICKPUNKSの選曲を見ると、何故こんな選曲をしたんだろうと思う。しかし、目と耳を楽しませるという点では、DICKPUNKSのステージは成功的なものだった」と評価し、ユン・ゴン審査委員は、「金曜の夜である今日、クラブに行きたくなるような気分にさせる。ミュージカル的なパフォーマンスやサウンドでよくできたステージだった」と絶賛した。DICKPUNKSはこの日、3人の審査委員の総合点280点の高得点を記録した。

今年のシーズンは特に男性ソロが多い中、唯一グループで残っているDICKPUNKSが果たして次のラウンドでも進出できるのかに関心が集中している。

写真=ホ・ジョンミン記者

『SUPER STAR K 4』をリアルタイムで楽しもう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 05日 16:18