[K-POP] [SUPER STAR K 4] ロイ・キムの進化する歌…「実力の果てはどこ?」

Mnet Korea『SUPER STAR K 4』の進出者の中でもロイ・キムは一番成長している出演者に選ばれた。



ユン・ゴン審査委員は、「そのビジュアルのせいで歌の実力が低評価されるようだ」と話し、イ・スンチョル審査委員は、「正直言うと、初めはビジュアルの方が勝っていたが、(ラウンドが)進むにつれて歌が成長している」と評価した。一番近くで彼の練習を見守ってきた『SUPER STAR K 4』のクォン・テウン音楽監督は、ロイ・キムについて「予選・スーパーウォーク・生放送を経て、日々成長している参加者だ。これまではロック音楽だけをやってきたボーカルだが、キム・ドンリュルの歌をミッション曲として遂行して、違う感性のボイスカラーを見つけたようだ」と評価した。

2日(金)夜11時に開かれた第4ラウンドでロイ・キムは、キム・コンモの『ソウルの月』を完璧に歌い、更にアップグレードした歌の実力を見せた。ロイ・キムのステージを見たイ・スンチョル審査委員は、「色々な面を見せてくれる。自分の声を楽器のように作る点が良い」と評価し、ユン・ミレ審査委員は、「ロイ・キムはサバイバルが何なのかが分かっている。隠しておいたロイ・キムならではの魅力を継続して見せてくれるので、いつも期待している」と評価し、ユン・ゴン審査委員も「褒めるべきステージだった。ジャズバーにいるような感じだった。生放送4回目で毎回色々なジャンルをこなしてくれる」と絶賛した。

「イケメンボーカリスト」として進化している、ロイ・キムの最終成績がどのようになるのか、関心が集中している。

『SUPER STAR K 4』をリアルタイムで楽しもう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 05日 16:16