[ドラマ] 『会いたい』ユン・ウネ、ユチョンに感動 「若い時から仕事してると違うな~」

俳優ユン・ウネがユチョンとの初めての共演対して感想を伝えた。

1日午後、ソウルロッテホテルで開かれた『会いたい』(脚本ムン・ヒジョン、演出イ・ジェドン)の制作発表会には、主演俳優ユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホ、チャン・ミイネが参加して作品に対する話をしてくれた。特にユン・ウネは8〜9年ぶりに再会したユチョンの態度について特別な感動を受けたと打ち明けた。
ユン・ウネは 「とても久しぶりに会って緊張した状態だったが、先に暖かく挨拶してくれてとてもありがたかった。ぎこちない私に話かけてくれて気を配ってくれた。やっぱり子供の頃から仕事をしている人は違うなとありがたく思った」と再会した感想を話した。

「私より若いのに現場の人々をよく気遣ってリードするのを見て「私もたくさん助けてもらえるんだな」と思った」と付け加えた。

ユチョンもやはりユン・ウネとの共演について「これからお互いに助け合いながらうまくやっていけるだろうと思った。撮影をする時、私が本当に申し訳なくなるくらい役割に没頭できるように手助けしてくれる俳優だ。これからたくさん助けてもらうことになるんじゃないかと思う」と伝えた。

この日の製作発表会現場でユチョンは、ウェブ上で起きている『チャン・ミイネ降板要求』について「こういう話をして申し訳ないが同じ事務所の仲間だから一緒に作品を引っ張って行かなければならない立場からもっとよくやって行きたい。自制してもらえたらありがたい」とファンたちに向かって発言し人目を引いた。

MBC新水木ドラマ 『会いたい』は胸震える初恋の記憶を奪われた苦い傷が原因でかくれんぼのような縁を続ける2人の男女の愛の物語を描きだす正統メロドラマで11月7日初放送される。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 02日 18:18