[芸能] ソン・ジュンギ『優しい男』OST人気…ドラマ・映画に続き音源まで『時の人』認定

ソン・ジュンギがブラウン管とスクリーンに続き音源市場まで八方美人の顔をアピールしている。

KBS2水木ドラマ『世界のどこにもいない優しい男(原題)』で水木ドラマ王子になったソン・ジュンギが、直接歌うドラマOST収録曲で音源チャート上位圏に名前を上げている。

ソン・ジュンギは先月31日『優しい男』で演じているカン・マルのテーマ曲『本当』を公開した。この曲は劇中ムン・チェウォンに向けたソン・ジュンギの切ない気持ちが込められたバラード曲で、国内有名プロデューサーの参加とソン・ジュンギが直接ボーカルを担当したと伝えられ話題を集めていた。

『優しい男』とソン・ジュンギの人気を証明するように『本当』は音源公開直後、各種音源サイト上位圏に上がるのはもちろん、クライマックスに向かっているドラマストーリーをさらに切々とさせる歌詞で熱い関心を浴びている。

特に切なく哀しいが純粋さが滲み出ているソン・ジュンギの声と歌の実力がドラマのカン・マルの気持ちを更に心に染み込ませていて音源が更なる人気を集めている。

ソン・ジュンギは水木ドラマの王座をがっちりと守っている『優しい男』を通じて立体的なオムファタールキャラクターを完成し、繊細な演技を披露してブラウン管を完璧に掌握している。

これと共にドラマとは相反する魅力を繰り広げる映画『オオカミ少年』もやはり封切初日からボックスオフィス1位を占めるなど連続ヒットを飛ばしている。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 02日 18:15