[ドラマ] ユン・シユン 1年ぶりにお茶の間カムバック…tvN『隣のイケメン』パク・シネと共演

俳優ユン・シユンが2013年お茶の間攻撃に乗り出す。今回は『ハンサム』だ。

ユン・シユンが来年1月初放送のtvN月火ドラマ『隣のイケメン(原題)』(演出チョン・ジョンファ、脚本キム・ウンジョン)の主人公エンリケ・クム役にキャスティングされた。TvN『イケメンラーメン屋』『美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート』に続くイケメンドラマの系譜を繋ぐ作品でパク・シネと息を合わせる。

『隣のイケメン』は人気ウェブ漫画『私は毎日彼を盗み見る』を原作に現代人の盗み見心理を愉快に溌剌と描いた16部作ロマンティックコメディ-ドラマだ。傷を抱えたコ・ドクミ(パク・シネ)がお向かいの男性をこっそりと盗み見るのを年下のイケメンエンリケ・クムにばれてしまい巻き起こるストーリーを描いた。

KBS2『製パン王キム・タック』とMBC『私も花』以降中国と日本で作品活動をしてきたユン・シユンは『隣のイケメン』を通じて1年ぶりにお茶の間に復帰する。彼が演じるエンリケ・クムは生まれついての優れた遺伝子に、ファッション感覚まで持ち合わせた天才クリエィティブディレクターで、ボヘミアン的な生活を追求しながらもサッカーには目がないハンサムだ。非現実的なビジュアルを持った彼が世の中から隠れているコ・ドクミに近づいていき、胸ときめくロマンスを繰り広げる。

女性主人公コ・ドクミ役はパク・シネが演じる。コ・ドクミは家の外に出ず隠遁生活をする『都市型ラプンチェル』キャラクターで隣のイケメン達を虜にする妙な魅力の持ち主。エンリケ・クムとドタバタ恋愛物語を描きだす予定だ。

『隣のイケメン』を担当するCJ E&Mのチョ・ムンジュプロデューサーは「ユン・シユンとパク・シネはドラマ企画当時から制作陣たちの頭にあったキャスティング1位の俳優だった。最高の制作陣と俳優、興味深い素材など三拍子そろっただけに期待してもらいたい」とコメントした。

tvN月火ドラマ『隣のイケメン』は11月中旬クランクインし、来年1月7日夜11時初放送だ。

写真=CJ E&M提供


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 31日 15:30