[芸能] ドン・ヒョンベ 演劇『菊花の香り』に一人九役でキャスティング!

BIGBANGのSOLの実兄であるドン・ヒョンベが、演劇『菊花の香り』で演劇の舞台に立つ。



ドン・ヒョンベは来月2日から12月30日まで、ソウル西大門(ソデムン)NHアートホールで公演される『菊花の香り』でマルチマン役を演じる。ドン・ヒョンベはラジオDJ、オーディション男、先輩、PD、夫、音楽制作者、天然染物師、祖父、医師など、9人の人物で登場する。

この作品は、キム・ハイン作家の同名小説を原作にしたものだ。昨年の初演に続き、今年で2回目の公演を迎える『菊花の香り』は、小説と映画に続き演劇まで制作され、話題を集めている作品だ。

ドン・ヒョンベは、「これまで、スクリーンとブラウン管で良い経験をしてきたが、演劇という新しいジャンルで観客と向かい合えて幸せだ。公演まで1週間もないので、幸せな負担感を持って集中する。今から観客に会えると思うとドキドキする」とコメントした。

演劇関係者は、「ドン・ヒョンベが持った誠実さとセンス溢れる瞬発力が多様なキャラクターを演じなければならないマルチマンにピッタリだと思い、キャスティングした。彼は一日12時間を越える時間をただ演劇の為に投資している。限りない可能性を持ったドン・ヒョンベに多くの応援と関心をお願いしたい」とコメントした。

写真=ウェイズカンパニー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 30日 14:49