[芸能] イ・ミスク年下男性、直筆手紙公開「生活が苦しくて恐喝脅迫をした」

「精神的、物質的に助けてくれた…」

俳優イ・ミスク(52)がスキャンダル疑惑の主人公17歳年下の恋人の手紙の公開によって、再び困惑している。

29日放送のMBC『気分いい日-芸能プラス』はイ・ミスクの年下男性スキャンダル論争と関連し、イ・ミスクの年下の恋人が直接書いた手紙を公開した。これを公開した某記者は「イ・ミスク側が恐喝脅迫をしてきたため書いたと見られる」と主張した。

この男性の直筆手紙には「自分が米国留学生活中、イ・ミスクに出会い、精神的、物質的にたくさん援助してくれた彼女に感謝している」「これからはあなたの名前を傷つけるような行動や言動はしないと約束いたします」という内容が書かれていた。

イ・ミスクは昨年末から前所属事務所代表某キムさんと専属契約摩擦で訴訟を起こしている中、私生活を暴露された。当時キムさんは「Aはイ・ミスクと2006年不適切な関係を持っていた」「2人の関係を揉み消すために直接5,000万ウォン支払った」と主張し波紋を起こした。

キムさんは特に「Aは17歳年下男性であり、バーのホスト」だったと説明し、一層波紋が広がった。2006年はイ・ミスクが前夫と離婚する前の時期であり更に大きな関心を呼んだ。

その後Aさんの実態と行方に対し話題が集まったが、証人要請された裁判には出席せず、その真実が明らかにならなかった。その最中、Aさんの手紙が公開された。

彼は続けて「自分の生活が困難になり周囲の数人に虚偽の事実を話、恐喝脅迫をするようになった。本当に心からお詫び申し上げます」と付け加えた。

イ・ミスクは全所属事務所ザ・コンテンツメディアと専属契約について訴訟を起こした。裁判の過程でイ・ミスクが離婚前17歳の年下男性とつ適切な関係であったと提議し、イ・ミスクはこれを報道した記者を控訴した。



写真=『気分いい日-芸能プラス』画面キャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 29日 17:37