[芸能] CJ E&Mがバークリー音大とMOU締結「多角度から事業的締結を結ぶ」

アジアエンターテインメント事業をリードするCJ E&Mが10月26日午後1時、上岩洞(サンアムドン)CJ E&M大会議室にて、バークリー音楽大学と‘エンターテインメントビジネスのグローバル同伴成長’の為のMOUを締結した。



今回のMOU締結式には、CJ E&M音楽事業部門アン・ソクジュン代表とバークリー音楽大学総長Roger Brown氏が参席し、グローバル音楽市場のビジョンと目標について論議する一方で、東・西洋を問わず全世界の音楽市場の建設的成長の為の多様な協業方案を模索した。

今回のMOUは、教育分野だけでなく、グローバルな人材達が多様な活動を繰り広げられる全方位的な機会の用意を目標に行われた。これにバークリー在学生達の‘CJ E&Mインターシッププログラム体験’他、多様な案件についても論議された。インターシッププログラムは、未来の音楽市場を担うバークリー在学生達にアジア音楽市場を理解し実質的に現場での力量を育てられる機会を提供されるように企画された。また、‘バークリー大教授達の韓国教育プログラムへの直接参与’や‘交換学生プログラム’、‘教育プログラム及び教材製作’なども行われる。バークリーのオンライン教育システムを韓国に導入する部分とバークリーの教材をハングル版で翻訳し出版する案件についても論議中だ。

教育の部分を超え、「国内外音楽イベント協業」の可能性についても論議した。素晴らしい人材達が活動できるステージ及び機会の提供に積極的に共感し、コンサートはもちろん、大規模フェスティバルでも多方面の協業を進行する予定だ。

この日MOUに参席したバークリーオ音楽大学のRoger Brown氏は、「最近、アジア音楽市場に関心が高い。バークリーにも多くの韓国人在学生がおり、彼らはとても有能な才能を持っている。アジア音楽市場でCJ E&Mの占める比重に注目していた。現在論議されている部分の他にもアーティストはもちろん、プロデューサー、ソングライターなど、全分野のグローバルな人材達を発掘し、彼らが活躍できる場所を開いてあげられるように良いパートナーシップを築いていきたい」とコメントした。

CJ E&M音楽事業部門アン・ソクジュン代表も「音楽をはじめ、全てのエンターテインメント産業がグローバル化されている。このような状況の中で重要な事は、グローバル化された人材を養成して彼らが活動できるシステムを作ってあげる事だと思う。今後、バークリー音楽大学との幅広い論議を通じて全世界の音楽市場が活発に交流できる基盤を固めようと思う」とコメントした。 

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 29日 16:30