[芸能] イ・ヒョリ NYの中心で無理コンセプト?…「イタすぎ!」

歌手イ・ヒョリの美貌が無理なコンセプトでもろくも崩れ去った。

イ・ヒョリは25日に公開されたファッション誌『VOGUE girl』11月号のグラビアを通じて米ニューヨークの中心地で雑踏の中でもひときわ目を引く姿を見せた。

ファンキーなストリートファッションというには少し無理があり、KBS(韓国放送公社)第2テレビのお笑い番組『ギャグコンサート』のコーナー『ホームレスの品格』を連想させる。角のように結い上げたツインテールヘアに「強い女」に見せようと施した化粧は怖いほど。全体的にセクシーな雰囲気というには無理があり、イ・ヒョリとは別人のような姿になっている。イ・ヒョリはミリタリージャンパーに多彩な色のビンテージプリントが際立つTシャツを着て腹筋をアピールしている。

この日の撮影には、モダン&セクシーなスタイルを代表するニューヨークのデザイナーデニムブランド、カルバン・クライン・ジーンズによる衣装が使われた。この衣装は70年代のニューヨークを背景としたアンディー・ウォホールのファクトリー(アトリエ)から感じられるアーティスティック・モードにインスピレーションを受けデザインされたものだ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 25日 18:07