[K-POP] SUPER STAR K4 TOP7を泣かせ笑わせたの審査評とは!?

韓国代表オーディションMnet Korea『SUPER STAR K4』のTOP7が審査委員達の審査評についての心境を正直に告白した。



ホン・デグァンは、先週の生放送で歌ったキム・ジャンフンの『イミノンコマウンサラム(既にあなたは有難い人)』について、ユン・ゴン審査委員が「キム・グァンソクの姿を見た」という評を一番気分の良かった審査評に選んだ。ホン・デグァンは「一番尊敬する歌手がキム・グァンソクさんで、そのような評価をもらって飛び上がるほど嬉しかった」とコメントした。

ユ・スンウとHONEY GはPSY審査委員の評価が一番気分の良かった評価だと答えた。ユ・スンウは初の生放送のステージで「宝石を発見した」と言ったPSY審査委員の評価を、HONEY Gは「最高の出会いです。昔から共にやってきたチームみたいです」という評価を一番気分の良かった審査評だとコメントした。

キム・ジョンファンとロイ・キムは、イ・スンチョル審査委員の審査評を選んだ。キム・ジョンファンは陸軍予選当時、「ジョンファンさん、優勝したらどうしますか?除隊するまで待たないといけないかな」という審査評を、ロイ・キムはスーパーウォークのライバルミッションでチョン・ジュニョンと共に歌った『塵になって』のステージ時の「ロイ・キムはサムタク(闘鶏という言葉。見た目と違って男らしく戦えるというような意味でロイ・キムを褒めた言葉)」という審査評が印象的だったとコメントした。

DICKPUNKSは先週歌ったチョ・ヨンピルの『赤とんぼ』のステージに対するユン・ミレの審査評を選んだ。完璧な編曲と合奏を見せた彼らのステージにユン・ミレは「期待をたくさんしていたが、それ以上のものを見せてくれてありがとう」と評価した。チョン・ジュニョンもユン・ミレの審査評を選んだ。チョン・ジュニョンは90点以上の高い点数をくれたので気分が良かったとコメントした。

TOP7にとって、辛口の審査評を一番伝えているのはやはりイ・スンチョルだった。TOP7の多くが胸を刺すような鋭い審査評としてイ・スンチョル審査委員の評価を選んだ。ロイ・キムはSUPER STAR K4に参加する為に休学をした彼に「何で休学したの?」と聞いたイ・スンチョルの審査に胸を痛めたとコメントしている。DICKPUNKSも初の生放送で歌った曲に対し「つまらないし面白くありませんでした」という審査評に胸を痛めたという。

一方、SUPER STAR K4の生放送は今週金曜から会場を移し、キョンヒ大学の平和の殿堂にて4週間進行される。今週の3回目の生放送のステージでTOP7は一体どんな審査評を聞くことになるのだろうか。SUPER STAR K4は金曜夜11時にMnet Koreaにて生放送される。

『SUPER STAR K4』リアルタイムで楽しもう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 25日 18:25