[映画] 『タワー』ポスター公開 ソン・イェジンの涙 ソル・ギョングの死闘

災難映画『タワー(原題)』(監督キム・ジフン、配給CJエンターテインメント)の封切が今年の12月に確定し、ソル・ギョング、ソン・イェジン、キム・サンギョンら主演俳優たちのキャラクターポスター3種類が公開され関心が注がれている。

制作会社側は23日「映画『タワー』の封切が12月に確定された」と明らかにした。これと共に主演俳優3人のキャラクターポスターも公開された。

公開されたキャラクターポスターは絶体絶命の瞬間にも生に対する希望の糸を離さない人々の姿が生き生きと込められている。

消防隊長カン・ヨンギ役を演じるソル・ギョングは炎と死闘を繰り広げるリーダーの姿。「これを諦めるのは全てを諦めることだ」とのキャッチコピーは人命救助のために誰よりも先に炎の中に飛び込む強い使命感を代弁する。

火災が発生したタワースカイのフードコートマネージャーソ・ユニ役を演じるソン・イェジンは溢れ出る涙を我慢する姿で見る人の視線をさらった。施設管理チーム長イ・デホ役を演じるキム・サンギョンのキャラクターポスターは凄惨な火災現場で娘をしっかりと抱きしめている姿で映画への期待感を高めた。

制作会社側は「愛する人を守るため生き残らなければならない人たちのドラマは全ての世代を一つにし深い感動を伝え、炎と人間の死闘は息をのむ緊張感を、実写撮影とCGで完成した巨大な火災現場はスペクタクルな見どころをみせてくれる」と説明した。

『タワー』は108階の超高層ビルで起きた大型火災に立ち向かい生き残るために人々の命をかけた話を描いた映画だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 24日 14:31