[ドラマ] 『馬医』最高視聴率を記録…同時間帯1位守る

MBC(文化放送)の月火ドラマ『馬医(原題)』が自身の最高視聴率を更新して同時間帯1位の独走態勢に入った。

22日に放送された『馬医』は全国視聴率14.3%(AGBニールセンメディアリサーチ)で、同時間帯1位の座を守った。15日の放送で俳優のチョ・スンウが初登場して以来、最高視聴率を3回連続更新している。KBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『ウララ夫婦(原題)』とは2.8%の差をつけた。

『馬医』は感動的なストーリーとチョ・スンウの熱演で視聴率上昇の勢いに乗っている。22日の放送では、劇中で馬医として登場しているチョ・スンウが死にゆく馬を生かそうと自分の命までもをかける壮絶な姿が描かれた。チョ・スンウが「私は命の価値が20両もない卑しい馬医だが、自分を医者だと考えている」と言い、「どうして医者が命をあきらめられるだろうか?救える方途があるのになぜ医者があきらめる?」と涙ぐむシーンでは視聴者の心を熱くさせた。

ドラマ関係者は「現場の雰囲気がとてもよい。楽しい雰囲気の中で撮影をしているからか、よい視聴率が出ているようだ」とし「チョ・スンウはドラマ初出演だが現場のシステムにすぐに慣れた。チョ・スンウが劇の軸をしっかりとつかんでいるので、ドラマもうまく進んでいるようだ」と述べた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 23日 17:54