[芸能] 【リアルタイム配信】『2012 SIA』受賞者10人を授賞式前に電撃発表

今年韓国を代表する『10大 STYLE ICON』が授賞式を前に受賞者を電撃公開した。

25日ソウル上岩洞(サンアムドン)で開かれる第5回『2012 STYLE ICON AWARDS(以下2012 SIA)』は今年様々な分野で全世代の生き方を変化させ、文化を作った主人公で表彰が行われる新概念授賞式だ。今年の『2012 SIA』は異例的に授賞式を前に受賞者を先行公開するという破格的な歩みを見せている。

今年のアイコンには歌手PSY(サイ)、歌手で俳優のソ・イングクとA Pinkのウンジ、俳優ソン・ジュンギ、ユ・ジュンサン、チャン・ドンゴン、イム・スジョン、グループmiss AのスジとSUPER JUNIOR(スーパージュニア)、SISTAR(シスター)が選ばれた。

まずPSYは世界の音楽トレンドに一線を引いた歌手として選ばれた。6thアルバムタイトル曲『GANGNAM STYLE』でワールドスターとして地位を固めたPSYは、世界的動画サイトYouTubeでミュージックビデオ照会件数が5億ビューを超え、突風を起こしている。ビルボードチャート2位、米国NBC、MTV授賞式、米国版SNL出演をし、華麗な歩みを見せており選定された。

ソ・イングクとウンジはtvNドラマ『応答せよ 1997』に出演し、復古のトレンドを変えた主役として選ばれた。アイドル歌手出身だが素晴らしい演技力で視聴者たちの好反応を集め、シーズン2制作を望む声が一番多いことで選ばれた。

ソン・ジュンギは美少年の柔らかいイメージを脱ぎ、マッチョ男に変身し成功した。現在放映中のKBS2『優しい男(原題)』で二重の魅力を披露し、お茶の間の女心を揺さぶっており、今年のアイコンとして選ばれた。

スジは『国民の初恋の人』という新造語作り出し、初恋シンドローム巻き起こした。今年上半期映画『建築学概論(原題)』を通じて純粋で清らかなイメージで『初恋のロマン』として浮上した。

SUPER JUNIORもK-POPトレンドを先導するトップランナーとして選ばれた。台湾チャート100週を超える1位、公式デビュー前に東京ドームコンサート2日間で11万人を動員、北京オリンピック聖火リレー、2011MAMA3冠王、韓国歌手初のパリ単独公演、2年連続アルバム50万枚発売などSUPER JUNIORの記録は今も続いている。

SISTARは定型化されたアイドル市場において健康なセクシー美で衝撃を与えたグループだ。パワフルなダンス、爆発的な歌唱力、溢れるセンスまで今までのアイドルとは一線を画した姿が人目を引き選ばれた。

『国民の夫』ユ・ジュンサンは今までの夫像を変え、前向きで賢明な夫像を確立した。ドラマ『棚ぼたのあなた』でシーワールドと妻の間で賢明で知恵のある綱渡りで家庭の調和を図った。多くの男優たちを退け、未婚既婚問わず女性たちから『結婚したい男1位』に選ばれ人気を集めている。



映画『私の妻の全ての事(原題)』のイム・スジョンは20代花のような乙女よりも魅力的なオバさんに変身した。彼女のトレードマークであるシミひとつない透明な肌、澄んだ瞳、純粋さの結晶体である特有のオーラは女性たちの理想形アイコンとして選ばれた理由だ。

血気盛んな20代が主人公ではなく、成功した40代男性が主人公になる『美中年シンドローム』を起こしたチャン・ドンゴンも今年のアイコンに選ばれた。おじさんのイメージを新たに確立し、花美男のルックスだけでなく年輪を重ねてにじみ出る深みのある演技で魔性の男として選ばれた。

CJ E&M放送事業部門スタイル事業局ハン・ソンミ局長は「K-CURUTREの現状を提議し、これらをグローバルに拡散させる場にふさわしい、様々な分野の代表アイコンのスタイル対決が視聴者たちの目と耳を楽しませると期待している」「今年最高のスタイルアイコンである『STYLE ICON OF THE YEAR』に果たして誰が選ばれるのか多くの関心をお願いしたい」とコメントした。

これに「みんなが一緒に楽しめる祝祭の場であり、韓国の文化、ライフスタイルを代表するグローバルなフェスティバルとして位置づけられるだろう」と抱負を語った。

今回選定された10人はオンライン投票(30%)とリサーチ選好度調査(30%)、執行委員と100名の専門家選定委員団の審査(40%)で行われた。25日開催される本授賞式では大賞である『STYLE ICON OF THE YEAR』栄誉の座を巡り激突する。

今回の授賞式はソウル麻浦区上岩洞(マポク サンアムドン)CJ E&Mセンターで午後8時から生放送で進行され、オンスタイル、XTM、ストーリーオン、オリーブとtvN、Mnetなど6つのチャンネルでレッドカーペットと一緒に同時生中継される。

写真=キム・ビョングァン記者

『SIA』をリアルタイムで観よう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 23日 14:28