[K-POP] T-ARAヒョミン、ファヨン脱退後の心境告白

ファヨンの脱退などで議論が起きたガールズグループT-ARAが当時の苦しかった心境を告白した。

T-ARAのメンバーは20日に放映されたケーブルチャンネルMnet Korea『T-ARAの告白』を通じ心境を表わした。まずファヨン脱退の件に関連した話を切り出したのはヒョミンだ。ヒョミンは、「まだいくらも経っていない事件だ。ある誤解があり、どんなことがあろうが、このままこうして活動を続けステージに上がるとしても、こうすれば良くなるだろうという考えはできない」として涙を流した。

続けて、「ステージに上がるたび、毎日集まれば当然そのことが思い起こされるほかない。だからもっとしっかりやらなければならないと思う」と述べた。ウンジョンとソヨンら他のメンバーも、「ファンに申し訳ない。最後まで守ってくれるファンのためにステージに立ちたい」と話した。

この日の『T-ARAの告白』では、海外ツアー公演のためマレーシアのクアラルンプールに向かうメンバーの姿などが公開された。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 22日 10:06