[芸能] ウォンビン、ユニセフの公益広告の撮影…外見のように心も素敵

ユニセフ特別代表のウォンビンが、地球村の子どもたちを助けるための公益広告に出演した。

ユニセフ韓国委員会は、ウォンビンが地球村の子どもたちとの温かい交流の様子を収めた広告を制作し、11月1日から公開される予定だ。この広告は、初めて援助を始めようとする人たちに、「後援活動は誰にでもできること。不慣れでもぎこちなくても、ユニセフと一緒ならいくらでも子どもたちを助けることができる」というメッセージを伝えている。



9日に広告の撮影を行ったウォンビンは、「アフリカを訪問して初めて子どもたちに会った時、どう接すればよいのかわからず、ぎこちなかった覚えがある。子どもたちがどのような考えを持っているのか、自分が本当に手助けとなれるのかがわからず、すぐに歩み寄ることができなかった。でも一言二言話しかけて握手もし、頭をなでたりしていくうちに次第に親しくなっていった。誰かに手を差し伸べようとする時、誰もが初めは不慣れでぎこちないという広告のテーマが気に入り、今回参加することとなった」とコメントした。

ウォンビンは、ガンビアと東ティモールで出会った子どもたちとの思い出をスタッフに聞かせるなど、撮影現場をやわらかく和気あいあいとした雰囲気にしたという。

広告を企画した(株)グッドマザーのイ・オジン代表は、「多くの人々がこの広告を通じて子どもたちに愛を伝える事が不慣れだと思わずに、勇気を持って参加してくれたら嬉しい」とコメントした。

ウォンビンは2007年9月にユニセフ韓国委員会の特別代表に任命され、過去5年間アフリカやアジアの現地ボランティア活動、慈善行事参席、公益広告撮影など、様々な活動でユニセフ事業を支援してきた。

写真提供=フォトグラファー クォン・ヨンホ、ユニセフ韓国委員会

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 18日 19:03