[ドラマ] チョン・リョウォン『ドラマの帝王』で“シニカル作家”がハマり役?

女優のチョン・リョウォンがシニカルな作家の雰囲気を見事に演じた。

SBS(ソウル放送)の新しい月火ドラマ『ドラマの帝王(原題)』のチョン・リョウォンが、まるで本物の作家のような雰囲気を見事に演じた写真で、ドラマに対する期待が今から高まりつつある。

アシスタント作家の仕事をしながら、自分の作品でデビューする日を夢見るイ・ゴウン役のチョン・リョウォンは、机の上に積み重なった本やノートブックの前で集中したり驚いた目で電話をしたりする姿などで、今から本物と見まごうほどの作家オーラを放出している。

またチョン・リョウォンは、劇中で金になるなら水火も辞さず奔走するアンソニー・キム(キム・ミョンミン扮)とは全く正反対の優しい性格で、時には想像以上の決断力を発揮する相反する魅力も見せながらお茶の間に活力を吹き込む予定だ。

一方、『信義(原題)』の後続作として11月に放送される『ドラマの帝王』は、万事を金と確率で計算するドラマの外注制作会社代表のアンソニー・キムと正直で純粋だが芯の強い性格のドラマ作家イ・ゴウン、予測不可能な“天然”トップスターのカン・ヒョンミン(チェ・シウォン扮)が出会うことで繰り広げられるドタバタストーリーを扱う。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 17日 16:33