[芸能] 俳優やタレントの平均収入が会社員より42%多い?…モデルは??

俳優やタレントの平均収入が話題だ。最近公開された資料によると、俳優やタレントの年平均収入が会社員より42%多い事がわかった。



国税庁が民主統合党イ・ナギョン議員に提出した国政監査の資料によると、俳優やタレント1人辺りの年平均所得は一般の会社員の所得より遥かに高かった。

俳優の年平均所得は3,765万ウォン、一般会社員は2,643万ウォンで、俳優の年平均収入が会社員より42%多いと報告された。

また、歌手の年平均所得も3,319万ウォンで、俳優の年平均所得より400万ウォン少ないが、会社員より26%多かった。

反面、モデル1人辺りの年所得は704万ウォンで、会社員の所得より遥かに低い金額が算出された。

最近メディアの報道やSNSを通じてスター達の豪華な生活が大衆に露出される中、彼らの収入について関心が集中している。これに対し国税庁の関係者は該当数値は平均値であり、一昨年国税庁に申告された俳優やタレント2千600人余の収入額は、4,700万億ウォンに達すると伝えた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 16日 18:35