[ドラマ] 『私の娘、ソヨン』視聴者からの猛非難にも視聴率1位

週末ドラマ『私の娘、ソヨン(原題)』が視聴率獲得のための苦しい展開と陳腐なキャラクターで視聴者から怒りを買っている。

14日午後に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの週末ドラマ『私の娘、ソヨン』は、イ・ボヨンが経済力のない父親のチョン・ホジンに留学に行くと嘘をついたあと、金持ちの息子のイ・サンユンと結婚式を挙げる過程を描いた。

劇中、チョン・ホジンが参列客の代行アルバイトに向かった場所が娘の結婚式という偶然を装った無理な設定で視聴者から不評を買った。そのうえ1時間の放送時間中、涙のシーンが半分以上を占めて視聴者の週末を憂うつなものにしてしまった。

娘に父親らしいことができず無念のあまり泣く父親と自責の念に駆られて涙を流す娘、2人が不憫で人知れず涙をぬぐう弟の姿は、視聴者を重い気持ちにさせた。放送後の視聴者掲示板には「週末にどうしてこのような陰湿なドラマを見せるのか」「ドラマを見ている間、ずっと泣き顔ばかり見ていたので私まで憂うつになってしまったようだ」などの非難の声が相次いだ。

イ・ボヨンはヒロインのイ・ソヨン役を単に憂うつなキャラクターとして表現している。劇中、イ・ボヨンが演じているソヨンは、父親への恨みのために歯を食いしばりながら成功にひた走り、感情表現すら無駄なものを考えて無表情を突き通すような女性だ。しかしイ・ボヨンは演じながら瞳が揺れたり焦点の合わない眼差しを見せたりして、視聴者のキャラクターへの感情移入を阻害している。

『私の娘、ソヨン』は視聴者からの非難の中でも全国視聴率31.2%(AGBニールセンメディアリサーチ)で同時間帯1位をマークし、文句は尽きないがチャンネルを固定させてしまう人気ドラマの宿命のような歩みを見せている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 15日 15:58