[K-POP] パリス・ヒルトンのラブシーンが「扇情的」…歌手キム・ジャンフンのMVに「有害」判定

歌手キム・ジャンフンの新曲のミュージックビデオが映像物等級委員会から有害判定を受けた。

キム・ジャンフンの所属事務所側は15日、「ミュージックビデオの内容のうち、パリス・ヒルトンが演技したラブシーンと自動車事故の場面が扇情的でリアルだという理由で、映像物等級委員会から有害判定を受けた」と明らかにした。

続いて「映像物等級委員会の発表内容を認める。大きなモニターや劇場で見た場合、若年層が衝撃を受けると判断して程度を落としたが、有害判定を受けた」とし「キム・ジャンフンが審議を誠実に受け止めるよう指示した。パリス・ヒルトンが出るラブシーンも分量を減らし、もっと暗く処理する計画」と伝えた。

キム・ジャンフンの新曲のミュージックビデオは、世界的なスターのパリス・ヒルトンの出演、映画『スパイダーマン』『アバター』に参加したスタッフとの共同作業、10億ウォン(約7,000万円)以上の制作費投入などで話題になった。

今回の判定に基づき、キム・ジャンフン側は25日に予定された音源の発表と発表2週前から始まる劇場での映像広告に支障が生じることになった。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 15日 12:05