[K-POP] Secret 「骨盤ダンスを除いた気分?残念だけど希少価値が生まれた」

ガールズグループSecret(シークレット)が行き過ぎた扇情性で議論の場に上がったカムバック曲『PISON』の骨盤ダンスを削除することについて正直な気持ちを明かした。

Secretメンバーたちは最近enewsと会い「とりあえず残念です」と口を揃えた。ジウンは「ステージパフォーマンスをする歌手にとって動きのひとつひとつに意味があり必要があるんです。ある部分だけを取り出してみるとやはり何か物足りなくて残念です。しかし動きの大きさを小さくしたのでライブにもっと集中できるようになった」と話し残念さを打ち明けた。

リーダーで最年長のヒョソン(23)は「残念な気持ちももちろんあるが、『POISON』を違うように表現できる面白みがある。これ以上番組のステージで骨盤ダンスをみることが出来なくなったので、希少価値が生まれたようでいいです。放送ではないオフラインイベントのステージだけで見ることが出来ます」と前向きな姿勢を見せた。

Secretは5日放送のKBS2『ミュージックバンク』ステージを始め、ニューアルバムのタイトル曲である『POISON』のポイントダンスだった『骨盤ダンス』を削除して新たなダンスを披露した。これと関連し所属事務所TSエンターテインメント側は「ステージ動線と他のダンスは全部そのままだ。問題になった骨盤ダンスだけ違うダンスに修正した」と説明した。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 12日 14:18