[ドラマ] 『お母さんが何だって』がシットコム1位…不安な『黙れファミリー』

MBCシットコム『お母さんが何だって(原題)』とKBS2『黙れファミリー(原題)』が視聴率で競争を繰り広げている。



11日午前、視聴率調査会社AGBニルソンメディアリサーチによると、10日に放送された『お母さんが何だって』の第2話は6.3%(以下全国基準)の視聴率を記録した。

KBS2『黙れファミリー』は5.7%を記録した。先週8日の放送が記録した7.3%より1.5%低い数値だ。

『お母さんが何だって』は、放送2回目にして同時間帯シットコムの中で1位となった。これから更に興味深い視聴率対決を繰り広げる事と予測される。

この日の放送では、パク・ミソンが義母のナ・ムニとチムジルバン(韓国式サウナ)に一緒に行きたくないが為に嘘をつき、それがばれてしまうというストーリーが放送された。

一方、同時間帯に放送されたSBSドラマ『それでもあなた(原題)』は、16・6%の視聴率を記録している。

写真=MBC、KBS

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 11日 13:52