[K-POP] ユンゴン ソニーミュージックと戦略的提携『新ジャンルでK-POP熱風に合流する』

シンガーソングライターユンゴンが世界的レコード会社ソニーミュージックと戦略的提携を締結した。

11日ユンゴン所属事務所セントエンターテインメントは「ユンゴンの国内活動と海外活動マネージメントの極大化のためソニーミュージックと戦略的提携を締結した」と明らかにした。

ユンゴンは2001年ナヨルと共にBrown Eyed(ブラウンアイズ)として活動し、数々のヒット曲で音楽性はもちろん大衆性まで全て認められた実力派ミュージシャン。またソニーミュージックは故マイケル・ジャクソン、ビヨンセ、ブリトニ-・スピアーズ、ビリー・ジョエルら有名ポップスアーティストが専属している世界的なレコード会社だ。

ユンゴンは今回のソニーミュージックとの提携を通じて全世界に吹き荒れたK-POP熱風にアイドルダンスジャンルではない新たなジャンルの熱風を起こす第一走者に乗り出すことになった。

ソニーミュージック側は「アルバム制作、OST参加など歌手としてのユンゴンのより多様な活動のためコラボレーションを推進することになった」と伝えた。

これまで音楽以外にもエッセイ作家、カフェオーナー、プロデューサー、俳優など多方面で活躍してきたユンゴンは10月18日3年ぶりにニューミニアルバムを発表し歌謡界にカムバックする。

写真提供=セントエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 11日 18:53