[芸能] クジャル 「韓国帰化したのは“ウリ”という単語がきっかけ」

ウズベキスタン出身のタレント、クジャルが韓国に帰化した理由を明かして目を引いている。

クジャルは今月9日に放送されたSBS(ソウル放送)のトーク番組『強心臓』で、「韓国語を勉強していたとき、“ウリ”(=私たち)という単語の意味にとても感動した。共同体を強調する表現だと知り私も“ウリナラ”(=われわれの国)という表現を使いたかった」と帰化のきっかけを伝えた。

クジャルは「1年8カ月前に韓国移民帰化適格試験を受けた。今年6月に合格の通知を受け取った」とし「韓国の文化が大好き。外国人のことも気にかけて優しくしてくれるので、ずっと住み続けたい」と付け加えた。

クジャルは2008年に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビ『美女たちのおしゃべり』のパネラーとして活躍した。その後、ドラマ『黄金の魚』(2010年)『屋根裏部屋の皇太子』(12年)などを通じて女優として活動している。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 10日 18:23