[芸能] “焼酎イッキ”のPSYが焼酎メーカーのモデル!?…高額モデル料提示

10日、複数の広告関係者によると、チャミスル焼酎を生産するハイト真露は、現在PSYと巨額のモデル契約を推進しているという。



PSYは今月4日、ソウル市庁前広場で行われた無料コンサートで、感激のあまりに焼酎1本をイッキした。当時PSYの突発的なこのパフォーマンスにおいて論争が起こったりもしたが、焼酎会社側が思っても見なかった広告効果を狙ったという意見はなかった。

業界によると、当時チャミスル焼酎の広告効果は、数百億に達するものと思われる。現場にいた約10万人の観衆とYouTubeを通じてこの場面を視聴した全世界の人々が広告のターゲットになったという理由からだろう。

ハイト真露側は、PSYに巨額のモデル量を提示したと言われている。『GANGNAM STYLE』以前のPSYのギャランティが1~2億ウォン台だったとすると、何倍も高くなったのだ。

このニュースを聞いた人々は、「PSYと焼酎広告は良く似合うと思う」「まさか、これを意識してのパフォーマンスじゃないよね?」「PSYが広告市場も占領するんだな」などの反応を見せた。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 10日 18:45