[ドラマ] キム・ボム、チョ・インソン-ソン・ヘギョ主演『その冬、風が吹く』前向きに検討中

俳優キム・ボムがドラマ『その冬、風が吹く(原題)』の出演を前向きに検討中だ。

キム・ボムの所属事務所KINGKONGエンターテインメント側関係者は9日午後、enewsとの電話取材で「キム・ボムが出演オファーを受け前向きに検討している」「現在中国に滞在中だが帰国後決定を下す予定」と明かした。

キム・ボムは『その冬、風が吹く』のノ・ヒギョン作家とは縁があり、出演に対して前向きな意思を見せている。キム・ボムはJTBC『パダムパダム…彼と彼女の心拍音(原題)』でノ・ヒギョン作家と息を合わせたことがある。

『その冬、風が吹く』は日本のドラマ『愛なんていらねえよ、夏』をリメークし、以前国内ではキム・ジュニョク、ムン・グニョン主演の映画『愛なんていらない(原題)』がある。

『その冬、風が吹く』の主演はチョ・インソンとソン・ヘギョが演じる。チョ・インソンはこれが7年ぶり、ソン・ヘギョは4年ぶりのお茶の間復帰となり話題を集めている。

写真提供=KINGKONGエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 10日 19:34