[芸能] “兵役逃れ疑惑”俳優キム・ムヨル 名誉回復のため入隊

俳優キム・ムヨル(30)が静かに入隊した。
キム・ムヨルは9日午後、京畿道議政府(キョンギド・ウィジョンブ)306補充隊に入所した。キム・ムヨルは訓練所で5週間の基礎軍事訓練を受けたあと、21カ月間の現役として服務する予定だ。所属事務所の関係者は「キム・ムヨルは静かに入隊することを願った」とその意思を伝えた。

同日、入隊を控えたキム・ムヨルはTwitterに「いってきます」と短くコメントを残した。これに先立ち今月4日、キム・ムヨルは公式報道資料を通じて「数日以内に入隊する。個人的に潔白だが、これ以上この話を扱われるのが死ぬよりも嫌だった」と明らかにしていた。

今年6月21日に監査院が発表した「兵役実態監査結果文」によると、キム・ムヨルは01年に現役2級判定を受けた後、受験しない公務員試験を理由に入営を延期した。 また2010年には「生計維持困難」を事由に軍免除処分を受けた事実が明らかになった。 この期間、キム・ムヨルは映画・ミュージカルなどに出演し、年間最高1億5,000万ウォン(約1,000万円)の収益を得たことが明らかになった。 
監査院は当時、兵務庁に「億ウォン台の収入がある芸能人が生計維持困難で軍免除判定を受けたのは問題だ」と指摘し、キム・ムヨルの兵役逃れ疑惑が浮上した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 09日 15:35