[ドラマ] CNBLUE 合算視聴率が100.3%…“ドラマ保証小切手”を立証

グループのCNBLUE(シーエヌブルー) が合算視聴率100.3%を記録して“視聴率保証小切手”に浮上した。

CNBLUEはベーシストのイ・ジョンシンが出演中のKBS(韓国放送公社)第2テレビの週末ドラマ『私の娘、ソヨン(原題)』は、今月7日の放送で全国視聴率31.5%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録し、8話目で視聴率が30%を突破した。CNBLUEのメンバーのうち、演技への挑戦が最後になった彼は、同作で家庭教師ソヨン(イ・ボヨン扮)に思いを寄せることで勉強に興味を覚えるようになる問題児のカン・ソンジェ役を熱演している。

ドラマーのカン・ミンヒョクは『私の娘、ソヨン』の前作である『棚ぼたのあなた』で、女優キム・ナムジュの弟チェ・セグァン役を演じ、その確かな存在感で全体最高視聴率45.3%に寄与した。ギタリストのイ・ジョンヒョンは全体最高視聴率23.5%で放映が終了したドラマ『紳士の品格』でチャン・ドンゴンの息子コリン役で出演し、華やかな俳優デビューを飾った。

カン・ミンヒョクとイ・ジョンヒョンに加え、イ・ジョンシンも俳優に挑戦したCNBLUEは合算視聴率100.3%を記録して今年の週末ドラマ視聴率アップの隠れた立役者となった。これに先立ちドラマ『美男<イケメン>ですね』『オレのことスキでしょ。』でいち早く俳優デビューしたボーカルのジョン・ヨンファは、この2本のドラマが日本のフジテレビなどで放映されて高い人気を博している。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 09日 11:13