[映画] <釜山国際映画祭>クァク・ドウォン、ソ・ジソプをべた褒め「かっこ良くていい奴」

俳優のクァク・ドウォンが映画『会社員(原題)』で共演した、ソ・ジソプをべた褒めした。



映画『会社員』の舞台挨拶イベントが5日午後、釜山海雲台(ヘウンデ)BIFFビレッジ野外ステージにて行われた。映画の主演ソ・ジソプとクァク・ドウォンが参席し、ファンに挨拶をした。彼らを一目見る為にヘウンデの砂浜を数百人余のファンが声援と拍手で迎えた。

この日舞台に上がったクァク・ドウォンはソ・ジソプについて、「褒める事が多すぎる。まず、かっこいい。同じ服を着ても違う雰囲気だ」と嫉妬の込めた視線を向けて笑いを誘った。

また、「辛い時や大変な状況で本性が現れるが、精神的・肉体的にも辛い状況で後輩とスタッフを気遣う姿にいい奴だと感じた」とべた褒めした。

これに対しソ・ジソプは、「先輩は笑い声もそうだし、ハッピーウィルスを持っていて、周りの人々をよく笑わせてくれる。笑い声を聞くと本当に気分が良くなる」と話した。

しかし二人はお互いが考える短所を公開したりもした。まずソ・ジソプは、「健康の為にもう少しだけ痩せてほしい」と話し、クァク・ドウォンは、「もう少し仲良くなれるように、ソ・ジソプさんがお酒を飲んでくれたら嬉しい。あまりに多忙で、お酒を飲む時間が全くない」と話した。

写真=eNEWS DB
 

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 07日 13:13