[映画] <釜山国際映画祭>チャン・ツィイー「イ・チャンドン監督の作品に出たい」

中国の女優チャン・ツィイーが、イ・チャンドン監督の作品に出演したいという希望を語った。

チャン・ツィイーは5日午後8時、釜山海雲台(ヘウンデ)で行われたオープントークイベントにイ・チャンドン監督と共に参席した。

この席で彼女は、「イ・チャンドン監督と共に作品をしない限り、韓国の監督と作品をした事について満足したとは言えない」と語った。チャン・ツィイーはホ・ジノ監督が中国で撮影した映画「危険な関係」で、チャン・ドンゴンとセシリア・チャンと共演した。




チャン・ツィイーは、「香港で開かれた映画祭でイ・チャンドン監督に初めてお会いした。"シークレット・サンシャイン”を見て、この監督なら演技者の潜在能力を引き出してくれるだろうと思った」と話した。

これに対し、イ監督は「チャン・ツィイーと共に作品ができるなら、私の長年の夢が叶う。必ず共に仕事してみたい。その日は遠くないだろう」と話した。

二人は何度か個人的に会い、映画的な交感を分け合ったといわれている。チャン・ツィイーが韓国を訪問した時、二人はインサドンでマッコリを飲んだともいわれている。

チャン・ツィイーは自身とイ監督の姿が共におさめられているオープントークポスターを見て、「私とイ監督はよく似合う。イ監督は俳優になってもいいと思う」と言って大きな笑いを誘った。さらに彼女はイ監督に「美味しいものをご馳走してほしい」と可愛くねだったりもした。

また、チャン・ツィイーは韓国の俳優について、「韓国の俳優さん達は皆さんプロフェッショナルだ。特にチャン・ドンゴンは今回映画を撮影する時に、長い中国語のセリフを全て覚えてきて撮影に臨んだ。セリフが変わっても全て覚えた」と褒めた。

写真= ホ・ジョンミン記者
 

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 07日 13:08