[芸能] “兵役逃れ疑惑”俳優キム・ムヨル「名誉失墜させた兵務庁は謝罪せよ」

軍入隊を決めた俳優キム・ムヨルの所属事務所側が兵務庁の公式謝罪を要求した。

4日午後、所属事務所の関係者は「2年前、キム・ムヨルが受けた兵役免除は、兵務庁の正確な手続きを経て受けた結果」とし「その後に行われた軍免除適合性の是非についての再調査は兵務庁公務員の手違いとして終了した。これについて、兵務庁から正式に謝ってもらいたい」と明らかにした。

続いて所属事務所は「キム・ムヨルと所属事務所側に遺憾の意を伝えてきた。しかしこれは”遺憾”という言葉で済むようなことではなく、正式謝罪をしなければならない出来事だ」とし「正式謝罪がない場合、兵務庁の過失を問う行政訴訟を行う」と強硬な立場を見せた。

この日、キム・ムヨルは公式の報道資料を通じて「年内に軍入隊をする」との意を伝えた。キム・ムヨルは「個人的に(兵役免除は)正当だが、これ以上、人々のうわさになるのが死よりもつらい。そこで数日内に軍入隊をする」と明らかにした。続いて「返せなかった借金は軍隊から帰ってきて返済する。2年前と同じく、私がいないと家族は以前と大変な状況だ。いったん軍生活をして戻ってきてから家族の面倒を見たい」と付け加えた。

今年6月21日、監査院が発表した「兵役実態監視結果文」によると、キム・ムヨルは2001年、現役2級判定を受けた後、受けていない公務員試験を理由に入営を延期した。これに加えて2010年には、「生計維持困難」を理由に軍免除処分を受けた事実が明らかになった。この期間、キム・ムヨルは映画やミュージカルなどに出演して年間最大約1億5,000万ウォン(約1,060万円)の収益を上げたことが分かっている。

当時、監査院は兵務庁に「億台の収入のある芸能人が生計維持困難として軍免除判定を受けたのは間違っている」と指摘し、キム・ムヨルは兵役逃れの疑惑に巻き込まれた。これに所属事務所側は「キム・ムヨルが軍入隊の意思を明らかにした。正確な入隊の日付は決まっていない。年内に入隊する予定」と説明した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 10月 04日 19:18