[芸能] カン・ホドン『Xマン』PDと手を組み『スターキング』で電撃カムバック

タレント、カン・ホドンがSBS『ファミリーがやってきた』シーズン1を演出したチャン・ヒョクジェPDと手を組み『スターキング』で電撃カムバックする。

カン・ホドンは11月中旬『スターキング』復帰を前に本格的な準備に入った。4日カン・ホドン側関係者はenewsと電話取材を行い「カン・ホドンが『スターキング』出演を確定し、撮影のための協議が始まった」と話した。

昨年9月いくつかの騒動に巻き込まれ、暫定引退を宣言したカン・ホドンは8月17日公式報道資料を通じて「SM C&Cと専属契約を締結した」と番組復帰を示唆した。彼が活動を中断していた間にも数多くの放送関係者たちがカン・ホドンとの作業のために水面下で動いてきたので『スターキング』復帰は予定された手順だった。

ただ当初チャン・ヒョクジェPDはカン・ホドンをMCにした新たな形のバラエティ番組を準備中だったためチャンPDとカン・ホドンが『スターキング』を通じて遭遇するのは腑に落ちない。SBSバラエティ-局イ・チャンテ局長はenewsとの電話取材で「当初チャン・ヒョクジェPDが新しい番組を準備したが、カン・ホドンさんが『スターキング』で復帰するのがいいと要請してきたので悩んだ末このような結論を出すに至った」「秋の改編に合わせカン・ホドンさんがMCとして復帰する」と明らかにした。

チャン・ヒョクジェPDは2006年から2007年まで放送された人気番組SBS『Xマン』でカン・ホドンと縁を結んでいた。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 10月 04日 19:57