[ドラマ] tvN『第3病院』スヨンの“ウィジンスタイル”が話題に

tvNドラマ『第3病院(原題)』で清純な見た目とは違い、サッパリとした溌剌さで目を惹いているスヨン演じる“ウィジン”スタイルに視聴者の関心が集中している。

スヨンが演じているウィジンは、ドイツから帰国したばかりのバイオリストで、ビジュアルやファッションは清純そのものだ。ロングヘアで女性らしい雰囲気の彼女は、ブラウスやニット、膝下までくるスカートを着こなしている。過度に着飾ったり高いヒールを履かなくても女性らしく洗練した姿が話題を呼んでいる。



清楚な雰囲気とは相反してサッパリとした性格はウィジンの魅力。高校時代からただスヒョンを一途に想い、歳の離れたスンヒョンを「スンヒョン~」と呼びながら愛情表現をするが、時々「オッパ~(韓国語で年上の男性に向けて言う)」と、鼻声で可愛らしく愛嬌を振りまき、どんな事をしても決して憎めない魅力溢れるキャラクターで愛されている。

ネチズン達も、「こんな清純美女が正直でさっぱりした性格に愛嬌まで兼ね備えてるとは!完璧だ」「スヨンがこんなに愛嬌があるとは思わなかった。最近一番羨ましいのはオ・ジホ」「スヨンの“ウィジンスタイル”。どこかにこんな女の子いないかな」など、独特な魅力の彼女に皆が惚れこんでいるようだ。

一方、『第3病院』の公式ホームページでは、キム・スンウ、オ・ジホ、キム・ミンジョン、チェ・スヨンなどのキャスト達のロマンスを強調したPVの公開と共に、イベントが進行されている。(関連リンク参照:http://3hospital.interest.me/Index/20/Board/View)10月28日まで続くこのイベントは彼ら4人のロマンスが急展開しながら、視聴者達に多くの関心を受けている。

tvN『第3病院』は、洋・韓方協診病院内の神経外科を背景に、天才神経外科キム・ドゥヒョン(キム・スンウ)と天才韓医師キム・スンヒョン(オ・ジホ)が仕事と恋愛において起こるエピソードを描いた国内初の洋韓方メディカルドラマだ。これまでの医学ドラマでは見られなかった漢方と洋方という独特な素材を扱い、方法は違うが、患者の完治を願う気持ちは同じ二人の医師としての熱い情熱と熾烈なプライドをかけた対決や、漢方での治療はもちろん、高難度の脳手術を行うなど、医療現場をリアルに表現している。初回から最高視聴率1.63%(AGBニルソンケーブル加入世帯基準)を記録し、水木ドラマの新しい王者誕生を予告している。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 28日 17:14