[K-POP] ユンナとイ・ミンホがドラマOST独占の奇妙な縁

歌手ユンナと俳優イ・ミンホの妙な縁が目を引いている。

ユンナは最近イ・ミンホ主演のSBSドラマ『信義(原題)』のOST『涙が一粒』を歌い公開と同時に爆発的な反応を得ている。この曲は劇中イ・ミンホとキム・ヒソンのロマンスの序幕を知らせる曲で、ユンナの切ないながらも感性深いボイスが際立って見える。特にユンナは本人のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じ、「新しい感性を発見した」と話したほどこの曲に愛着を示した。実はユンナはイ・ミンホ主演ドラマのOST参加は初めてではない。イ・ミンホが出演したMBC『個人の趣向』でも相手女優ソン・イェジンのテーマ曲『話にならない』を歌い片思いに陥った女心を繊細に表現した。

ネットユーザーらは、「ユンナとイ・ミンホ、これも縁といえば縁だ!」「ユンナの歌を通じてドラマへの没入度がさらに高まるようだ!」「ユンナの声はいつも心を打つようだ」など熱い反応を送っている。ユンナは現在MBC『私は歌手だ2』に出演中だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 27日 13:52