[映画] 日本もヒョンビンを待っていた! 除隊に合わせ『愛してる。愛してない』全国ロードショー

俳優ヒョンビンの主演映画『愛してる。愛してない(原題)』が除隊後日本で公開される。

25日報道された日本現地の外信によるとヒョンビン、イム・スジョンの主演映画『愛してる。愛してない』が来年3月日本全国映画館で上映される。

『愛してる。愛してない』はヒョンビンとイム・スジョンが主演しイ・ユンギ監督がメガホンを取った映画で、国内では2011年3月に封切られた作品だ。2011年第61回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に韓国映画として唯一出品、ヒョンビンの入隊前最後の作品として話題を集めた。

映画公開の知らせは原作のファンたちにも大きな関心の対象になっており、特に韓流スターヒョンビンの復帰作であるだけに彼を心待ちにしているファンたちにも大きな期待を抱かせている。

『愛してる。愛してない』は日本の短編小説、井上荒野の『戻れない猫』を基にした映画で、ある日突然5年の結婚生活を終わらせようとする女が別れを告げ、その事実を淡々と受け入れる男の微妙な心理を淡々と描いた。

ヒョンビンは昨年3月海兵隊に志願入隊し12月6日除隊する。

写真=映画『愛してる。愛してない』ポスター


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 27日 19:10