[映画] 『オオカミ少年』ユ・ヨンソク 「悪役?スジに続きパク・ボヨンにも悪い事を…本当に大変だった」

『スジに続いて国民の妹、パク・ボヨンまで…』

映画『オオカミ少年(原題)』の俳優ユ・ヨンソクが前作の『建築学概論』に続き、連続で国民の妹を苦しめる(?)悪役を引き受けた感想を話した。

映画『オオカミ少年』制作報告会が26日午後5時、ソウル狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた。この日のイベントにはチョ・ソンヒ監督を始め、ソン・ジュンギ、パク・ボヨン、ユ・ヨンソクら主・助演俳優たちが参加し撮影エピソードと感想を伝えた。

この日の記者懇談会でユ・ヨンソクは「前作『建築学概論』スジに続き、今回も悪役を引き受けた」とのMCキム・テジンの質問に「結局は国民の妹を苦しめる役だ。今回もすごく大変だった」と話し、「『建築学概論』以後スジさんのファンたちにすごく悪口を言われたが、今回の映画の後は夜道を歩けないんじゃないかと思う」悩みを打ち明けた。

ユ・ヨンソクは劇中オオカミ少年と少女を引き離すジテ役を演じ悪役演技を披露する。前作の『建築学概論』でスジの大学の先輩役で、酒に酔った後輩を部屋に連れて行く演技で多くの観客の怒りを買ったので、今回の作品での悪役に更に大きな関心が注がれている。

彼は「『少女に対する愛の方式が歪んでいるからこうなったようだ。悪役を演技する立場から見ると、本人が悪い事をしていると考えていないんじゃいかな」と問い返し「切実にやろうと努力した。行動は悪いがそう演じれば同情してもらえるだろうと思った」と説明した。

これにソン・ジュンギは「スジに続き国民の妹パク・ボヨンまで。もうIUが残っただけだ」と冗談を言い会場の雰囲気を盛り上げた。

キム・ソンヒ監督は「単純に悪い奴ではなく同情と憐憫がいく人物」「ユ・ヨンソクさんが演じてもっとよく表現されると思う。非常に一生懸命やり、たくさん準備をしてくる俳優」と称賛を惜しまなかった。

ソン・ジュンギ、パク・ボヨンの『オオカミ少年』は療養のために家族と静かな村に引っ越した少女が、暗闇の中に隠れた謎のオオカミ少年を発見することで描かれるファンタジー作品だ。10月21日封切。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 27日 18:43