[映画] チャン・ドンゴン主演『危険な関係』が19禁判定に

チャン・ドンゴン主演の映画『危険な関係(原題)』が青少年観覧不可判定を受けた。


映像物等級委員会は最近、「扇情的シーンの具体的で直接的な表現及び女性遍歴が派手な男性の不適切な女性関係を描写するなど、テーマ及び内容・扇情性などを考慮して青少年観覧不可判定を下す」と明らかにした。

『危険な関係』は1930年代の上海一のプレイボーイ(チャン・ドンゴン)と端麗で淑やかな未亡人(チャン・ツィイー)、最高の権力家(セシリア・チャン)との致命的な三角関係のスキャンダルを描いた映画だ

『危険な関係』側は25日、「赤裸々な性的描写で節制で濃艶な雰囲気で観客を刺激する予定だ」とコメントした。映画『危険な関係』は10月11日に上映スタートとなる。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 26日 15:24