[ドラマ] 『美しい君へ』ソルリ想いのイ・ヒョヌ、原作と違うラブラインを作るのか?

『一途なソルリ想い』イ・ヒョヌが原作と違うラブラインを作り出すか?

ソルリとイ・ヒョヌは26日放送のSBS水木ドラマ『美しい君へ(原題)』第13話で、予期せぬ奇襲スキンシップを敢行、視聴者たちの心臓をドキドキさせる予定だ。

ソルリとイ・ヒョヌの『エアバック・ハグ』は故障した自転車に乗りコントロールが効かず猛スピードで走るソルリを発見して起こった。『一途なソルリ想い』イ・ヒョヌが瞬間、自分の体を投げ出してソルリを抱きかかえ、一発触発の危機から救ったもの。走って行く自転車を捕まえソルリを救出したイ・ヒョヌは、ソルリを抱いて転び足首を挫く怪我を負った。

特にイ・ヒョヌの怪我によるイ・ヒョヌとソルリの感情変化にも関心が集中している。突然の負傷によって大変な苦労と努力の末にサッカーの国家代表選手に抜擢されたイ・ヒョヌが、試合に出場できるかが不透明になってしまった。これと関連しソルリが自分のために怪我することになったイ・ヒョヌに気を使うようになりながら、もっとめまぐるしい展開になるソルリ、ミンホ、イ・ヒョヌの三角関係に期待感が高まっている。

このシーンは20日京畿道利川(キョンギド イチョン)にある大学で撮影された。この日ソルリとイ・ヒョヌは素晴らしく息の合った演技にユーモアまで見せるなど和気あいあいとした雰囲気を演出した。

何よりもイ・ヒョヌが足首に怪我をした姿で現れると2人は即席状況劇認定ショット撮影に乗り出した。ソルリがイ・ヒョヌの怪我を指差して可愛く泣くふりをすると、イ・ヒョヌも悪戯っぽく手の動きと表情でソルリがこうしたんだと表現し、撮影現場に笑いの花が咲いたとの裏話だ。

ドラマ関係者は「俳優たちの溌剌としたエナジーが体力的、心理的に疲れる現場で大きなエネルギー源になっている」「ドラマが後半部に差し掛かりソルリとミンホ、イ・ヒョヌの三角関係がさらに興味深々な展開をする予定」と話した。

20日放送の第12話ではテジュン(ミンホ)がウンギョル(イ・ミンホ)に会うために出かけるジェヒ(ソルリ)を妨げるシーンが描かれ、視聴者たちの心拍数を上昇させた。ジェヒを好きだと堂々と告白したウンギョルに本能的に警戒心を持ったテジュンが「俺のそばに居ろ」とジェヒを行かせないように妨げてしまった。3人の予測不可能なロマンスがこれからどう展開するのか成り行きが注目されている。

写真提供=SM C&C


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 26日 14:59