[芸能] JYJキム・ジュンスが告白 「鏡の中の自分の姿を見てダイエットを決心」

JYJのキム・ジュンスが激変したルックスについてその考えを明らかにした。

キム・ジュンスは20日に発売されたファッション誌『@star1』を通じて、『TARANTALLEGRA』のリリースに合わせて“ユニセックス・コンセプト”を試みるようになった背景を説明した。

キム・ジュンスは「私の性格では、ネイルアートをしたり派手な色の髪の毛をすることは想像もできないことだった」とし「芸能人と言うには恥ずかしいほど、着飾ることに関心がなかった。歌手なので歌だけ上手だったらいいじゃないかと思っていた」と話した。

しかし、キム・ジュンスのこのような考えはミュージカル『エリザベート』で夢幻的なキャラクターの“トート”の演技をすることで変わっていった。

キム・ジュンスは「自分は“トート”という役割とは遠くかけ離れた存在だと感じた。鏡を見て、この状態では演技に集中することができないだろうと思ってダイエットを始めた」とし「歌より優先になってはいけないが、“見せる”という職業なのでビジュアル的なところも見過ごすことのできない。今はむしろネールをしなければ変な感じがするほど変わった」と付け加えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 25日 16:54