[芸能] 軍服務中のRAIN、ヘルニアの疑いで入院

軍服務中のチョン・ジフン(RAIN)が椎間板ヘルニアの疑いで病院に入院した。

国防広報院関係者は24日、「チョン・ジフンが忠清南道鶏竜市(チュンチョンナムド・ケリョンシ)文化芸術の殿堂で開かれた国軍将兵スターオーディションの審査委員として参加予定だったが参加しなかった」と明らかにした。

チョン・ジフンは23日午後に突然腰の痛みを訴え、軍医官の許可の下で近隣地区隊病院に搬送された。精密検査を受けた後入院治療中で、原因は椎間板ヘルニアである可能性が大きいが正確な診断結果は今後の経過を見守らなければわからないという。ひとまず25日に行われる「国軍の日」行事の参加は不透明なものとみられる。

また、一般的に軍で椎間板ヘルニアが発病する場合、民間病院で治療を受け、激しければ依病転役する場合もある。これと関連して所属事務所は、「いまのところ軍服務に支障があるほどではないと聞いている。本人も現役満期除隊の意志が強く簡単に依病転役はしないだろう」と説明した。

チョン・ジフンは昨年10月に入隊し、陸軍第5師団新兵教育隊助教として服務した。その後今年3月に職務変更し国防広報支援隊に移った。国軍放送FMの番組『慰問列車』のステージをはじめ何回も公演をした。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 25日 12:03