[映画] 『オオカミ少年』ソン・ジュンギ-パク・ボヨン、釜山映画祭に招請!

映画『オオカミ少年(原題)』の主演俳優ソン・ジュンギ、パク・ボヨンが4日から釜山(プサン)で開催される釜山国際映画祭(BIFF)を訪れた。

2人は『オオカミ少年』が釜山国際映画祭オープンシネマ部門に公式招請されたため、この映画のチョ・ソンヒ監督と共に釜山を訪れ観客たちに会うことになった。

『オオカミ少年』は10月12日午後8時、海雲台(ヘウンデ)センタムシティに位置する映画の殿堂野外劇場で上映される。この席に主演俳優と監督が参加し、舞台挨拶と観客たちとのトークイベントが行われる。

『オオカミ少年』はオオカミ少年(ソン・ジュンギ)と世間に心を閉ざした少女(パク・ボヨン)の運命的な出会いを描いた映画だ

トロント国際映画祭とバンクーバー国際映画祭にもすでに招請された。

釜山国際映画祭チョン・チャンイルプログラマーは「イケメンのイメージをかなぐり捨て変身を遂げたソン・ジュンギと独特の活力で映画を見る楽しみを保証してくれるパク・ボヨン、2人の青春スターの調和が期待以上のインスピレーションを与えてくれる。娯楽映画としての面白さと、韓国の世相を振り返るような二つの側面をすべて満足させてくれる映画だ。作品もよく、興行も成功するだろう」と招請理由を明かした。

『オオカミ少年』は10月末封切予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 25日 17:17