[K-POP] PSY、米国から帰国 「いい成果を出せて気分がいい」

『ワールドスター』になった歌手PSY(サイ)が成功して帰郷した。

3週間の米国スケジュールを終え、米国LAを出発したPSYは25日午前5時、仁川(インチョン)国際空港に到着した。空港には明け方から500名余りの国内外取材陣と歓迎の人波が殺到してPSYの人気を実感させた。

黒の衣装できめたPSYは「たくさん応援してくださるので成果がなかったらどうしようとすごく心配したんだが、考えていたよりとてもいい成果が続いて気分がとてもいいです」と帰国した感想を明かした。

ポップスター、ジャスティン・ビーバーらが所属するスクーター・ブラウンプロジェクトと専属契約を結んだPSYは米国に滞在する20日余りの間忙しいスケジュールをこなした。MTVミュージックビデオアワードを始め、米国NBCの看板トークショー、朝のTV番組などで現地スターたちとファンたちに馬ダンスを教えたりもした。

またトップスターたちだけが出演する『サタデーナイトライブ(SNL)』など人気番組に出演し存在感を厚くした。米国での活躍で人気に弾みがついた『GANGNAM STYLE』ミュージックビデオは、2ヵ月間で照会数2億5,000万件を突破し、推薦動画クリック数225万件を超えギネスブックに登録された。

PSYは25日午後帰国記者会見を開き、米国で収めた成果とこれからの計画などを具体的に明らかにする予定だ。また来月中旬再度渡米するまで、Mnet『SUPER STAR K4』出演と広告撮影など20近くに及ぶ国内スケジュールをこなす予定だ。

写真=キム・ビョングァン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 25日 13:35