[芸能] ハン・ゴウン デビュー14年目の“リアルスッピン顔”大公開

女優のハン・ゴウンがデビュー14年目で“リアルスッピン顔”を公開した。

ハン・ゴウンは来月1日に放送されるSBS(ソウル放送)のリアリティー番組『ジャングルの法則W』にチャン・シニョン、シン・ボンソン、チョン・ジュリ、コ・ウリらと南太平洋のマレクラ島でジャングル体験をする。

メンバーはジャングルで華やかな姿を捨てて普段の姿を完全公開する。その最も代表的な人物といえるのがハン・ゴウンだ。彼女は1食も口にできずに15時間の間ジャングルをさまよい、原住民が捨てた腐ったカカオの実を拾って食べたほか、野宿も躊躇(ちゅうちょ)しなかった。また、グレープフルーツの木を偶然見つけたときにはなりふり構わず土にまみれた手でグレープフルーツにかぶりつく姿も見せた。これに加え、デビュー14年目で初めてスッピン顔を公開し、逆に制作陣を心配させるほどだった。

制作陣は「さすが美人は勇敢だ」と賞賛を送る一方、「小さな虫の前では信じられないくらいおびえる“逆転”の姿も番組の大きな見所」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 24日 15:50