[K-POP] BIGBANG 米国で22,000席完売『PSYに続き米国熱風続けるか?』

男性グループBIGBANG(ビックバン)が世界最大の音楽マーケット米国での単独コンサートを2時間で完売させ、世界的な人気を実感させた。

22日(現地時間)行われたBIGBANGのワールドツアー『BIGBANG ALIVE TOUR GALAXY TOUR 2012』米国カルフォルニア、ニュージャージ公演チケットが、オープン2時間で24,000席全席が完売した。BIGBANGは11月3日カルフォルニアホンダセンターと11月9日ニュージャージープルデンシャルセンターで、それぞれ12,000席規模の公演を準備中で2会場とも世界的な歌手たちが公演を行う所として有名な会場だ。

これまで米国で韓国歌手たちのコンサートが開かれた事は多かったが、BIGBANGのように単独コンサートに1万席規模以上の公演を行うのは非常に稀で、彼らが米国で一度もプロモーションをしたことがないという事を勘案すれば今回のコンサートチケット完売はBIGBANGが海外で持つブランドパワーを今更ながら感じさせる。

米国を前に行われた12月8日と9日香港アジアエクスポで開催された3万席規模のコンサートチケットもやはり一瞬で完売になった。

BIGBANG所属事務所YGエンターテインメント側は24日enewsに「米国と香港、2つの地域すべてが予想を上回る熱い反応に追加公演を考えている最中」と明らかにした。

米国と香港だけではない。BIGBANGは現在までチケット販売を行った韓国、日本(5都市)、中国(3都市)、シンガポール、タイ、インドネシア、台湾、フィリピン、マレーシアなど開催地全てで完売させており、彼らの人気を実感している。これらの地域のほとんどはコンサートを通じてBIGBANGが初めて訪問する場所で、大部分が1万席以上の規模で開催されたという点からBIGBANGの今回のワールドツアーは本当の意味の『ワールドツアー』だともいえる。

世界的な公演企画会社ライブネーションと手を組み、BIGBANGの今回のワールドツアーは今年初めソウルで行われた初公演を通じて華麗な映像と高いレベルのライブで好評を博しており、この後行われた日本と中国ツアー全て成功裏に終えた。BIGBANGは28日シンガポール公演を皮切りに、12月まで本格的なワールドツアー大遠征に乗り出す予定だ。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 24日 13:46