[K-POP] ヤン・ヒョンソク 他事務所ガールズグループを初プロデュース

YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表が、1997年のYG事務所設立以降初めて、所属事務所以外の歌手プロデュースを引き受けた。


ヤン代表は最近ガールグループ『RaNia』のプロデュースを引き受け、21日午後発表されるデジタルシングル『Style』の音楽はもちろん、振りつけ、ミュージックビデオ、スタイリング全てを担当した。楽曲はヒップホップのビートにメロディーが強調されたダンス曲で、YG専属プロデューサーであるチェ・ピルガンとTABLOの共同作品だ。

これまでYG所属の歌手だけをプロデュースしてきたヤン代表が、別の事務所に所属する歌手であるガールズグループのプロデュースを引き受けたのは非常まれなことだ。

これは「義理と恩返し」という話だ。ヤン代表が、1996年に初めて輩出したグループが失敗し、破産危機に陥った際、地下室を貸してくれたのが現在の「RaNia」の所属事務所代表だったという。

ヤン代表は1997年にヒップホップグループ『ジヌション』で再起に成功し、その後1TYMやLEXY(レクシー)、Big Mama、コミらを連続ヒットさせ、現在はBIGBANGや2NE1を手掛け、大手芸能事務所の仲間入りを果たした。


ヤン代表は「一生忘れることのできない有難い知人の要請でもあったが、『RaNia』のデビュー曲である『Dr. Feel Good』に初めて接したとき、個性のある新人が出てきたと周囲が認めるだけあって、とても印象深かった」とし「一番大変だった時期に私の力になってくれた知人と、可能性のある新人グループの力に少しでもなれたらと思っている」と明らかにした。

『RaNia』は5人組に再編成して活動を開始する予定だ。『RaNia』はマイケル・ジャクソンのプロデューサーとして有名なテディー・ライリーが制作した楽曲『Dr. Feel Good』でデビューし、話題になった。

『RaNia』は22日、MBC『音楽中心』でカムバックする。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 21日 19:36