[ドラマ] イ・ジュンギ‐シン・ミナ、“人工呼吸”キスでお茶の間をホットに!

俳優のイ・ジュンギが女優のシン・ミナと唇を重ね合わせてお茶の間を熱くした。
イ・ジュンギは19日に放送されたMBC(文化放送)のドラマ『アラン使道伝』で、刀で切られて倒れたシン・ミナの唇に息を吹き込んだ。
劇中、イ・ジュンギ(ウノ)はシン・ミナ(アラン)が不死の体であることを知りながらも人工呼吸をした。このとき、目をぱっちり開いたシン・ミナが「元気になったらただじゃ置かないわよ」と脅迫すると、イ・ジュンギは「一刻も早く目を覚ましてほしいと思って息を分けただけだ」とウィットたっぷりにこれに応じた。
放送直後、視聴者はポータルサイトの掲示板や公式ホームページを通じて「私にも息を分けて」「本当に心がジーンとする場面だった」「人工呼吸が濃厚すぎる」などの書き込みを残した。  

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 20日 18:15