[映画] チェ・ミンシク、イ・ジョンジェ、ファン・ジョンミン『新世界』撮影終了 来年上半期封切予定

チェ・ミンシク、イ・ジョンジェ、ファン・ジョンミンら超豪華キャスティングを誇る映画『新世界(原題)』(脚本/監督:パク・フンジョン)が14日、3ヶ月間の撮影を終え江原道(カンウォンド)でクランクアップした。

『新世界』は国内最大の犯罪組織に潜入した刑事(イ・ジョンジェ)と、彼の正体を知らないまま本当の兄弟のように大切にする組織のナンバー2(ファン・ジョンミン)、そして潜入捜査作戦を計画し、組織の息の根を止める刑事カン課長(チェ・ミンシク)の間で義理と裏切り、陰謀を描いたノワールアクション。

『新世界』は犯罪組織に潜入した刑事チャソンと組織のナンバー2チョンチャンが初めて出会うシーンを最後に6月16日から始まった長い撮影を終えた。
映画制作会社側は「これまで完璧なコンビネーションを誇ったイ・ジョンジェとファン・ジョンミンは最後の撮影を立派に消化し、現場スタッフたちの心がこもった拍手を受けた」と最後の撮影現場の雰囲気を伝えた。

俳優とスタッフたちはこの夏の暑さと戦いながら大田(テジョン)、清州(チョンジュ)、釜山(プサン)、完州(ワンジュ)、仁川(インチョン)、金堤(キムジェ)、群山(グンサン)、安山(アンサン)、坡州(パジュ)など全国を縫って『新世界』を撮影してきた。

チェ・ミンシクは「俳優たちの演技の呼吸がとてもよく合って、後輩たちとの演技にエネルギーをたくさんもらった。『新世界』は興味深く展開される映画だ。俳優たちの幻想的なアンサンブルをまず期待していただいて良いと思う」と感想を話した。

ファン・ジョンミンは「もう一度この俳優、このスタッフたちと一緒に作品をやりたいと思うほど、最高のコンビネーションを誇った現場だった。とても楽しくて気持ちが楽な3ヶ月間だった」と話した。

『新世界』は後半の作業を経て来年上半期封切される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 20日 18:15