[ドラマ] キム・テヒ『チャン・ヒビン』キャスティングのオファー受ける

女優のキム・テヒが張禧嬪(チャン・ヒビン)役のキャスティングの有力な候補に挙がった。

19日、あるメディアは来年3月にSBS(ソウル放送)で放送予定の時代劇『チャン・オクジョン、愛に生きる(仮題)』の主人公、張禧嬪役にキム・テヒがキャスティングされたと報道した。しかし制作会社側は別のメディアとの電話インタビューで「キム・テヒさんの出演が具体化したという話は事実ではない」とし「現在、複数の女優と協議中で、確定したものは何もない」と否定した。

張禧嬪はこれまでキム・ジミ、ナム・ジョンイム、ユン・ヨジョン、イ・ミスク、チョン・インファ、キム・ヘスら当代最高の女優らが熱演してきた。今回のドラマ『チャン・オクジョン、愛に生きる』にはどんな張禧嬪像が描かれるのか関心を集めている。

一方、制作会社側はこれに先立ち、ドラマの編成発表と併せて「(キャスティング作業が終われば)年末から撮影に入る予定」とし「差別化するという点においては、より現代的な感覚で再解釈した、深みのある内容だが想像力を兼備したドラマになると思う」と紹介した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 19日 19:09